超豪華キャストが集結!最新コメディ映画「Masterminds」の見どころを解説

2016年8月6日土曜日 映画

masterminds1
image credit: http://secondsuntil.com/masterminds/schedule

自宅の2軒隣が鰻屋さんなんですよね。窓を開けたらええ匂いが漂ってきます。ご飯を持っていたら、タレくらいかけてくれるやろか・・・。

どうも、下品なほど食欲旺盛な管理人です。先日、スマホの画面をいやらしく撫でまわしていると、とんでもないツイートに遭遇しちゃいました↓

masterminds_tweet

ななな、なに~! リブート版「ゴーストバスターズ」の出演者3人と「ナポレオン・ダイナマイト」の監督ジャレッド・ヘスがタッグを組んだだと~!! そんなん、CoCo壱のカレーにパリパリチキンとほうれん草とソーセージをトッピングしちゃうような話ですよ。まさに最強のレシピ! 面白いに決まってるじゃないですか!!!

ってことで、話題の最新作「Masterminds」についてヤホーで調べてきました。

まずは「Masterminds」予告編をどうぞ

すすす、スゲー!!! ザック・ガリフィアナキス、クリステン・ウィグ、ケイト・マッキノン、レスリー・ジョーンズ、オーウェン・ウィルソン、ジェイソン・サダイキス・・・・、ぼくが愛する実力派コメディアン/俳優がわんさか出とるやないか! まるで「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」のようなお祭り騒ぎ!

もう、まいっちんぐマチコ先生っす↓

machiko
image credit: http://www.nicozon.net/watch/sm20710669

「Maserminds」あらすじ

masterminds2
image credit: http://www.hollywoodreporter.com/

アメリカでは9月20日公開予定の「Masterminds」(マスターマインズ)。直訳すると「首謀者」とか「黒幕」ですね。実はこの映画、2015年8月に公開される予定でした。しかし、制作会社のRelativity Media(レラティビティ・メディア)が破産。映画はお蔵入りになると思われましたが、なんとか公開までこぎつけました。ふう~。

現時点(2016/8/6)ではあまり情報がありません。トレーラーやネットを見る限り、内容はこんな感じ↓

アメリカ南部を舞台にした、実話に基づく犯罪コメディ。現金輸送車のドライバー(ザック・ガリフィアナキス)と、その同僚(クリステン・ウィグ)、そしてリーダー格の男(オーウェン・ウィルソン)が、銀行から総額1700万ドルを盗み取ろうと計画。うまく事が運び逃走するも、FBI捜査官(レスリー・ジョーンズ)と謎のヒットマン(ジェイソン・サダイキス)が彼らを追う。おバカな強盗犯たちの運命やいかに・・・。

元ネタは、1997年にノースカロライナ州で実際に起きた銀行強盗事件。当時は、アメリカ史上2番目に被害額の大きい強盗事件として注目を集めた。

当初はジム・キャリーが出演する予定だったが降板。代打でオーウェン・ウィルソンが抜擢された。


監督はジャレッド・ヘス

jaredhess
image credit: http://variety.com/2015/film/news/

この「Masteminds」、何がすごいかって、まずジャレッド・ヘスが監督だってこと。ジャレッドの出世作といえば、言うまでもなく「ナポレオン・ダイナマイト」(DVD発売時の邦題は「バス男」だったが、あまりにも評判が悪くて改名された)です。まだ観てない? じゃ、あらすじを紹介します↓

製作費わずか400万円ほどの超インディーズ作品ながら、ティーンの熱狂的な支持を集めて全米で40億円以上を稼ぐ大ヒットとなった話題の脱力系学園コメディ。アイダホの片田舎に暮らす冴えない高校生のイケてない日常が独特のダルなリズムで綴られてゆく。MTVムービーアワードでは「スパイダーマン2」や「キル・ビル Vol.2」を向こうに回して見事作品賞を受賞。ちなみに邦題は、オタクつながりということで日本でヒットした「電車男」にあやかり付けられた。

アイダホの高校生ナポレオン・ダイナマイト。ルックスもダサければ頭も良くない彼は、当然のように学校でも友達もなくイジメにあってばかりの毎日。おまけに家族もナポレオンに負けず劣らずの変人たち。兄は女の子とのチャットに夢中で、叔父さんは通販のタイムマシンを買おうと怪しげなビジネスを始める。そんなナポレオンにも、メキシコ人の転校生ペドロという友だちが出来た。やがて、ペドロが無謀にも生徒会長に立候補すると、ナポレオンも彼の応援に精を出すが…。(allcinemaさんから引用)

とにかく、伝説的なコメディ映画です。この映画が公開された頃、ぼくはオハイオ州のコロンバスというところで大学院生をやっていました。当時の熱狂ぶりはハンパなかったですね。映画の中で登場する「Vote for Pedro」(ペドロに1票を!)のTシャツを着た人を街中で何人も見かけました。

ちなみに、監督のジャレッド・ヘスも主演のジョン・ヘダーもモルモン教徒で、いわゆる”four-letter word”(shxxtとかfxxkのこと)と呼ばれる卑語を口にすることはNG。そこで、「ナポレオン・ダイナマイト」では、そうした卑語の代わりに”idiot”(バカタレ)とか”gosh!”(マジかよ)などの単語が使われています。これも大流行しましたね。

主演はザック・ガリフィアナキス

zachgalifanakis
image credit: http://www.theexcomedy.com/

言わずもがな、「ハングオーバー!」シリーズで大ブレイクした個性派コメディアンです。Funny or Die制作のトーク番組「Between Two Ferns With Zach Galifianakis」でも話題になりました↓


「童貞を喪失したのはいつ?0歳?」とブラッド・ピットに聞くザックwww

そんなザック・ガリフィアナキスのイチオシ作品はこちら↓ ロバート・ダウニー・Jrとの共演作「デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~」です!!(邦題のサブタイトル、ウザいっすね) 腹筋崩壊するくらいオモロイので、ぜひ観てほしいです!

ちなみに、ロバート・ダウニー・Jrって、ぼくが字幕制作にたずさわっている「サタデー・ナイト・ライブ」(SNL)の元キャストだったりします。知ってました?

リブート版「ゴーストバスターズ」の3人が出演!

ghostbusters
image credit: http://www.ghostbusters.com/

なんと出演者には、クリステン・ウィグ(ザックの同僚役)、ケイト・マッキノン(ザックの婚約者役)、レスリー・ジョーンズ(捜査官役)の名も。このブログを読まれている方なら、お分かりですね? そう、3人ともリブート版「ゴーストバスターズ」の出演者です。そして全員、「サタデー・ナイト・ライブ」(SNL)の関係者でもあります(ケイトとレスリーは現キャスト、クリステンは卒業生)。コメディエンヌとしての彼女たちの実力については、こちらの記事に書きましたので参考にしてくださいまし。

さらには、「モンスター上司」でおなじみのジェイソン・サダイキス↓もヒットマン役で登場するそうです。この人も「サタデー・ナイト・ライブ」(SNL)の卒業生。

jason-sudeikis
image credit: http://www.thewrap.com/

「Masterminds」2016年最強コメディか

日本ではまだ「ゴーストバスターズ」も劇場公開されていないというのに、早くもコメディ超大作の予告編が出てきましたか。アメリカでは9月公開とのことですが、日本は・・・やっぱDVDスルーなのかな。だって、ベン・スティラー主演の「ズーランダー2」でさえも劇場公開が見送られたんですから。

いずれにせよ、「Masterminds」はMust See。日本でも公開されるよう、みんなで熱いエールを送りましょう!

では今日はこの辺で。また来週~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク